• アジア 探偵

発展途上国、ラオスでも探偵調査を行っております。

ベトナムとタイの間にあるラオスは、東南アジアの観光地としての印象は他国と比較すると薄いものの、メコン川を一望出来る首都ビエンチャンや、街全体が世界文化遺産に登録されているルアンパバーンは有名な観光地で、タイやベトナムやとはまた違った魅力が密かに人気です。
また、ドルやバーツがそのまま使えるので、タイ観光と併せてラオスに立ち寄る方も近年は多いようです。日本から青年海外協力隊が初めて送られたという事もあり、我が国は古くからラオスとは国交があります。
経済的な観点でも、自動車やバイク工場をはじめとする日系企業が進出しており、繋がりの深い国です。とはいえ、まだまだ発展途上国のラオス。家族、知人、同僚とラオス現地の人との間に何かしらのトラブルが発生した場合、情報の少なさから真相解明は困難を極めることもあります。
しかし、ラオスの文化や習慣を熟知し、且つ現地の企業とも深い繋がりを持っているトラストジャパンだからこそ、この国でも問題なく調査を行う事が可能です。

発展途上国、ラオスでも探偵調査を行っております。

首都、ビエンチャンからラオス全域で探偵調査を行います。

メコン川が街の中心を通る、ラオスの首都、ビエンチャン。街の面積はそれほど大きくはありませんが、タートルアン寺院やパトゥーサイと呼ばれる凱旋門への観光は外国人にも人気のスポットです。
日本人観光客は、ラオスや東南アジアの市場の雰囲気をダイレクトに味わう事が出来る、タラート・サオ、トンカンカム市場などのマーケットを良く訪れます。ラオス一の主要都市という事で情報収集の中心となるのもまたこの街。
そしてこのビエンチャンからサワンナケート、ルアンパバーン、パクセなどあらゆる主要都市でトラストジャパンはラオス全域で調査を展開しております。

首都、ビエンチャンからラオス全域で探偵調査を行います。
  • LINE+電話
  • 個人情報セキュリテ