• 海外調査事例

チェンマイでの人捜し

タイで日本人の行方不明者が出るケースは度々報告されます。今回はこの国での行方不明の日本人をチェンマイで発見した調査事例です。ご依頼者は50代の日本人女性。「チェンマイに居る筈の息子と連絡が取れない」とのことでした。現地で学生として過ごしている筈の息子と全く連絡が繋がらなくなってしまったとの事です。事件性を考慮した過去の様々な失踪のケースから考慮し、調査に望みました。

チェンマイでの人捜し

チェンマイで失踪者の捜索

まずはこの対象者の住まい、学校、職場など、本人と関連した場所を徹底的に調査しましたが、足取りは掴めませんでした。しかし、更に執念深く聞き込みを続けたところ、現在交際しているタイ人の女性が居るという情報を入手。そして、この女性の家に入り浸る彼の息子の姿を発見しました。何事も無く普通に生活をし、日常を過ごしていたようでした。

チェンマイで失踪者の捜索

なぜ息子は失踪したか

今回の息子のように、タイに居る身内が突然失踪してしまう例は少なくありません。失踪といえば、誘拐のように事件に巻き込まれる可能性も考えられますが、実際にはそういったケースは少なく、日本のようにせせこましさがないこの南国の気温や穏やかな人柄が過ごし易くなってしまい、日本との連絡を自らシャットアウトしてしまうケースが近年増えているのです。トラストジャパンはこれまでも、海外の失踪事件に数多く立ち会い、今回の事例のように真相を解明しています。タイでの身内の失踪は、ご相談ください。

なぜ息子は失踪したか
  • タイ調査 専門サイト
  • 契約 安心
  • タイ 企業調査