• 全世界対応 探偵

海外での取引先調査

アジアや欧米各国をはじめとする海外全域で調査を行うトラストジャパンですが、近年増えて来ている調査依頼のひとつに、各国の取引先・自社内調査のご依頼があります。日本企業は今積極的に世界各国への業績拡大を測っております。海外に出れば勿論海外の会社と付き合って行かなければなりません。相手の会社が、どういった経営理念を持ち、どのような業績を挙げている会社なのかは、ホームページの翻訳だけではわからない事もあるかも知れません。もしもその取引先に対して何か「怪しい」と目論んだ時、不正な取引を持ちかけようとしているのではないか、裏の闇組織と繋がっているのではないかなど、その企業についてあらゆる調査をおこなうのが、海外取引先調査です。今後、その会社と関係を続けていくべきかどうかの判断材料となるような情報を収集し、クライアント様に提出させて頂きます。

海外での取引先調査

海外の自社内調査の例ですが、例えば以下のようなものがあります。

・部下が経費を使い込んで海外赴任先の夜の街で遊びまわっているという情報を掴んだので調べて欲しい
・海外支店の売り上げに関して最近不明瞭な点が多いのだが、経理が着服をしているのではないか
・海外支社の外国人労働者に対し、労働基準法に違反するような働かせ方をしているのではないか

幾らインターネットで毎日日本の本社と連絡が取れるとはいえ、日本から遠く離れた海外の支社にまで定期的に顔を出すのは難しい事です。その為、例え大企業の支社であったとしても海外支社はなかなか目が行き届きにくいのです。こういった状況を利用し、悪事を働く社員というのは必ず出てきます。特にアジア圏は「拝金主義国家」が多い為、人々のお金に対する執着がとても強く、海外へお金に行ってお金に関する価値観が変わってしまう方も多いようです。今のあなたの会社の先日海外転勤された同僚の方は大丈夫ですか?

海外の自社内調査の例ですが、例えば以下のようなものがあります。

ミステリーショッパーについて

実際に海外の企業内に顧客を扮して潜入する、「ミステリーショッパー」という調査方法は、これまでも日本国内の企業で行なってきた調査ですが、海外でもこの方法で調査を遂行することがあります。対象の企業内に入りその企業内の空気を感じ取り、営業の方と相手の会社の中で対話をする。これでわかることも沢山あります。近年はセキュリティに厳しく、部外者が立ち入り難い海外企業が増えて来ていますが、そういった場所も現地の企業と連携して調査を行う事で、確実に真相を解明していきます。

ミステリーショッパーについて
  • 個人情報セキュリテ
  • 公式サイト