• 全世界対応 探偵

海外のID番号制度

外国人と日本人の文化の違いの一つに、IDカードの携帯を義務付けている国が多いというのが挙げられます。IDカードは、日本でいえば「住基カード」のようなもの。携帯義務のある年齢はその国ごとに異なりますが、例えば外出する際はコンビニへ行く際なども携帯していなければならない国もあります。このIDカードには国民ひとりひとりに割り振られた異なるナンバーが記載されており、国民はこのナンバーを元に政府で個人情報が管理されています。携帯電話の機種変更や各役所手続き、夜間営業のナイトクラブやバーに行く際も、大抵このIDカードがチェックされます。1つのカードで番号だけで国民を管理するというこのシステムは、一部では不満の声も上がっている国もあるようですが、税金の取りっぱぐれや、犯罪防止にも繋がる事があるので、こういったID制を長年続けている国は多いようです

海外のID番号制度

ID番号、日本人の場合

国によって異なりますが、日本人でも長期滞在をする場合ID番号を入手しなければならないケースもあります。香港などは180日以上滞在する場合、国にその旨を申請し、IDカードを発行して貰う必要があります。しかし、台湾やアメリカはパスポートがあればそれが身分証としてみなされます。日本だと、3ヶ月以上国内に滞在する外国人に対して「在留カード」というものが発行されます。身分証、IDに関しての法律は世界で全く違うので、特に海外に長期滞在をするという方は心得ておいたほうがいいでしょう。

ID番号、日本人の場合
  • LINE・SNS相談
  • 個人情報セキュリテ
  • 公式サイト