• 全世界対応 探偵

交通事情を知ることはとても大切

アジアで調査を行う上で、必ず知っておかなければならないのが各国の交通事情です。時に調査内容が尾行や張り込みが必要なものであれば、ターゲットの行動パターンはもちろんのこと、その調査対象エリア全域において把握しておく必要があります。車の運転の仕方から、タクシーの対応、電車の乗り方に至るまで、何から何まで異なります。しかし、それらを熟知していなければ対象者をスムーズに追跡することは出来なくなります。当社がこれまで幾つも海外に関する調査を成功させてきている理由には、そのエリアの地理へ深く精通し、交通事情を把握しているからという理由があります。

交通事情を知ることはとても大切

海外の道と車と人の性格

調査を行う際、歩いて調査をすることもあれば、車に乗って調査をすることもあります。また、観光客を追跡する場合、MTRやトラムなどに同乗し、張り込みを行うこともあります。特に香港やソウルなどは道路が密集し、狭いエリアの中で対象者があらゆる場所に移動します。突然対象者がタクシーに乗って移動した場合は、こちらも追跡尾行することもあります。その際、台湾は追い越し車線が左からであること、香港は交通違反の取り締まりがとても厳しいこと、韓国の基本法定速度は日本より早いということなどを知っていなければ、調査の段階で事故を起こしてしまう可能性もあるのです。

海外の道と車と人の性格

バイクの多い、東南アジアの調査

フィリピン、ベトナム、ラオス、タイなどは自転車やバイクに乗っている方に数多く遭遇します。道路も、市街地の中心部でなければ舗装されていない悪路も多く、調査が難航することもあります。特にハノイなどの道路はバイクや自転車が密集する、日本ではまず見ない光景を目にします。また、ベトナム全域で国際免許が使えない事になっており、基本的に外国人は車の運転は出来ません。こういった特例の地、または密集地や初めて行く地域などは、現地の調査法人と連携しながら調査を行う事もあります。

バイクの多い、東南アジアの調査
  • LINE・SNS相談
  • 個人情報セキュリテ
  • 公式サイト