• アジア 探偵

アジアの夜遊び…開放的で楽しいけど

観光も出張も関係なく、やはり海外の夜は楽しいものです。ただでさえ普段の日本の日常とは全く異なる環境、そして心が開放感で解き放たれている中で、エキゾチックな外国の夜景、レストランでの見たこともない美味しいお酒や料理、夜のゴージャスな繁華街、風俗店、夜市(ナイト・マーケット)、ディスコやクラブなど、日本には無い刺激的な光景が満載で、時間が経つのが勿体無いと思ってしまうほど、様々なイベントを楽しむことが出来ます。当社でも海外調査の際、夜の外国の街に繰り出すことが良くあります。海外の駐在員が経費を不正に流用していないかを確認する為に、お店やナイトクラブに侵入して調査を行う事もあります。今回は、そういった調査の中で感じたことや、これから海外での夜遊びをする方への注意をお伝えしたいと思います。

アジアの夜遊び…開放的で楽しいけど

日本人は狙われます。意思表示はしっかりと

1・イエス・ノーの声は必要以上に大きく!

外国人観光客の中でも、日本人は、おとなしめ、控えめという印象があります。店員に押されると拒否出来ず、現金を必要以上に渡してしまうこともあります。女性の場合、ナンパを断りきれず、危ない目に遭いそうになった、遭ってしまったというケースもあります。海外で夜遊びをするのであれば、しっかり「イエス、ノー」を普段よりも大きな声で言えるようにしておきましょう。

2・クレジットカードの利用は気をつけて

海外でクレジットカードを使ったが、その番号が不正に流用されてしまったようで、身に覚えのない請求が来る…。これは実際によくある話です。ただ、至るところでクレジットカードを使っていたのであれば、何処でクレジットカードが悪用されたのかは特定出来ません。海外での買い物はよっぽど高額でメジャーなブランドショップはクレジットカードを使い、あとは現金主義で行ったほうが、後々のトラブルは避けられるかも知れません

3・ガイドブックで安全と言われている場所も…

海外のガイドブックで「○○ストリートは警察も多いし治安もいい」と書いてあっても、ホテルからそのストリートへ出る道は安全でしょうか?こういったところもしっかり確認してから夜の街に出ましょう。日本人は狙われるということを念頭に、海外では常に行動するようにして下さい。駐在員の方でも、慣れてくると平気で裏道に入って行ったり、夜でも”治安が悪い”と言われている地域に平気で立ち入ったりしてしまいますが、これは本当に危険なのです。

日本人は狙われます。意思表示はしっかりと
  • LINE・SNS相談
  • 個人情報セキュリテ
  • 公式サイト