• 全世界対応 探偵

海外は日本じゃない!警戒心を怠らずに

日本は世界でもトップクラスの治安の良い国です。もちろん、犯罪や不景気による経済格差などは発生してしまっているものの、それでも世界各国の視点から見れば、なんと安全な国だろう、綺麗で住みやすい国だろうと、各国の観光客は言います。そんな国で生まれたときから現在に至るまで何不自由なく食事をし、学校に行き、就職をしてきた我々日本人は、海外の観光旅行でも、「この国は危険だから」「この国のこのエリアには立ち入ってはいけないから」と言われたところで、その感覚がどういうものなのか、根本的にはわかっていません。これが、日本人観光客が被害に遭いやすい理由でもあります。海外では、「少しオーバーかな?」と思うくらい、警戒心を高く持って行動するぐらいが丁度良いと思います。観光でのトラブルを回避する秘訣です。

海外は日本じゃない!警戒心を怠らずに

日本人は狙われている!

日本人はお金を持っている、日本人は”のろま”、日本人は騙し易い。犯罪を企む外国人はそんな風に思っています。日本人が海外の観光先で被害に遭うケースが多いのが、スリや強盗、または、言語のコミュニケーションがうまく取れてないと知ると、実際の価格よりも少し高額にお金を要求する、「プチぼったくり」や、悪質な手口では、クレジットカードの番号を控えられ、その番号を悪用されてしまう手口などもあります。海外では、危ない場所は避けること、多額の現金を持ち歩かないこと、怪しげなお店への出入りは控えること、夜遅い時間の外出は控えることなど、一般的に危なそうと思われるような事はやめましょう。少しの隙を突いて、犯罪者は狙ってきます。

日本人は狙われている!

トラブルを予め想定して

観光旅行にトラブルというものはつきものです。特に行き先が海外とあれば、少しのトラブルもなくスムーズに旅行できる方がラッキーと思えるほど、海外に行くには様々なことが起こります。犯罪に巻き込まれなくても、飛行機が遅れる、到着した空港で荷物が届かない、希望の行き先をタクシーの運転手がわからない、英語がまったく通じない、wi-fi環境が無いなどの軽度なトラブルから、ぼったくりやスリなどといった、犯罪者の絡む悪質なトラブルまで。しかし、平和で何もかもオートメーションにマニュアル化された社会の中で育ってきた我々日本人は、そもそもトラブルというものに慣れていません。少し何かあると不安になってしまいます。しかし、海外へ行ったらそうはいきません。少し懐を広く構え、少しのトラブルも寛容になれる姿勢も大切です。

トラブルを予め想定して
  • LINE・SNS相談
  • 個人情報セキュリテ
  • 公式サイト